はしり草子

日本を代表する三大漁場で採取した極上の初摘み海苔、
「佐賀のはしり」
「上総のはしり」「瀬戸のはしり」を
束ね合わせました

「はしり」とは「旬」のこと。また初摘みの若い草芽を草子といいます。「草子」は「冊子」ともいい、
平安時代の宮廷の暮らしや文化を感情豊かに綴った
「枕草子」で知られるように、物語や随筆を書きとめ束ねたもの。はしり草子は三大漁場の旬のりを束ねた逸品です。

佐賀のはしり

味と歯切れの有明産
パリっとした食感、とろける甘さを楽しむため、
巻いてすぐに食べることが大事。旬の魚介を巻いた
手巻き寿司にどうぞ。

上総のはしり

風味豊かな東京湾産
磯の香りがひときわ違う江戸前のお寿司屋さん好み。手巻き寿司はもちろんおむすびや磯辺巻きにもよく合います。

瀬戸のはしり

黒味と艶の瀬戸内海産
しっかりとした厚手の海苔は巻き置きすると柔らかく艶が増します。
太巻きやおむすびなどにもぴったりです。

はしり草子(箱入)

5,400円

本体 5,000円

■メッセージカード
詳細を見る
半切5枚×15袋(各5袋)箱入
並び替え
3件中 1-3件表示
並び替え
3件中 1-3件表示

ピックアップ

ページトップに戻る