海苔の生物学


海苔読本


海苔の生物学「海苔」と一口に言っても、その種類はさまざま。色や風味も それぞれ異なります。私たちが普段食べている海苔はどんな 海苔でしょうか。海苔の種類や生態についてご紹介します。


海苔の種類

私たちが食べている海苔は、アマノリ属の仲間です。日本の沿岸だけでも約28種類あり、養殖の代表選手は、スサビノリ、アサクサノリ、東北や北海道ではウップルイノリが使われています。アサクサノリは、昭和20年頃まで養殖海苔の主流となったアマノリ属の一種の和名。漢字で書く「浅草海苔」は、昔の乾海苔の総称です。アサクサノリは、東京湾だけでなく、北海道から鹿児島県まで広く分布しています。

乾海苔にした場合、スサビノリは光沢があって品質的に優れている反面、厚手でややかため。アサクサノリは薄くてやわらかく、味も香りもよいのですが、もろいのが難点。こうした欠点は、人工採苗などの技術で改良され、それぞれの風味を楽しめるようになりました。また、生える場所によって名称が変わり、岩に自生すれば岩海苔、ヒビや網につけば養殖海苔と呼ばれています。岩海苔は荒波高い日本海側に多く、雪海苔とも呼ばれます。

ところで、お好み焼きには欠かせない青海苔も海苔の仲間ですが、淡水の川で育つという変り種です。



海苔の一年

海苔は雌雄同株で、春から秋まで糸状体と呼ばれる姿で、貝殻に付着して過ごします。秋に糸状体から葉体に変わり、冬に大きく生長。1月頃、葉体の周囲に生殖細胞ができ、雄性細胞から出た精子は波によって卵細胞に到達して受精。受精した細胞から胞子を放出し、それが貝殻に付くと発芽して、また糸状体になります。

海苔の一年




海苔養殖の母はイギリス人

海苔の養殖は、海に竹や木の枝、網などを張り、自然に付着する海苔芽をむしりとっていただけなので、採取は天候や潮の流れに左右され、非常に不安定でした。

ところが1949年、イギリスの海藻学者、キャサリン・M・ドリューが、カキ殻にもぐり込んだ海苔の胞子は夏に糸状に分裂し、秋に海に漂い出て網に付着する生態を解明。このおかげで、全国各地で計画的な養殖が可能になりました。