海苔読本


海苔は日本の伝統食品。寿司、おにぎり、お茶漬けなど、日本の食文化に欠かせない重要な素材であり、その土地の気候や風土を色濃く反映したスローフードです。海苔のおいしさは、全く自然そのものであり、調整やごまかしの効かない、素材そのもの。そんな「ライブな食品」海苔の魅力に迫ります!

海苔の歴史

日本人の食生活に古くから親しまれてきた「海苔」。海苔はいつ頃から私たちの食卓にのぼるようになったのでしょうか。その歴史をちょっと紐解いてみましょう。


海苔の生物学

「海苔」と一口に言っても、その種類はさまざま。色や風味もそれぞれ異なります。私たちが普段食べている海苔はどんな海苔でしょうか。海苔の種類や生態についてご紹介します。




昔の海苔づくり

江戸時代には品川・大森の浅瀬で盛んに行われるようになった海苔養殖。当時の海苔生産の様子を古い図録や生産用具の写真とともにご紹介します。


現代の海苔づくり

丸山海苔店では自社工場を設け、徹底した品質管理の中で常に焼きたての海苔を提供しています。ここでは海苔がどのような生産工程を経て、食卓にのぼるのかをご紹介します。




おいしさの秘密

パリッとした歯ごたえ、磯の香り、口に入れたときのとろけるような甘み。自然の大いなる恵みに育まれた海苔のおいしさの秘密に迫ります。