海苔のご案内「はしり」

「はしり」とは「旬」のこと。
旬のりは少量しか採れないため、古くは宮中に献上されていたといわれています。

高級寿司店、料亭、割烹、ホテル、お蕎麦屋など約三千店のお客様のご要望にお応えするため、
全国の主要漁場で採れる一番摘みの海苔を中心に、幅広い種類の海苔を取り揃えています。

海苔のご案内「こんとび」

旬の青のりが飛んだ、職人芸の通の味

丸山の「こんとび」は海苔の格付け等級である「混(こん)」「飛(とび)」を商品名にしたもので、青のりが混ざった香りのある海苔です。多く混ざると「混」、少ないと「飛」と格付けされます。

自然の産物ゆえに希少性が高く、その混ざり具合で香りや風味が際立っています。その野趣あふれる味わいは食通から「昔の海苔に一番似ている」と言われています。

昔は混・飛といった等級は「混ざりもの」として扱われ、高く評価されるものではありませんでした。
しかし「丸山」は20年以上も前から「この海苔こそが昔ながらの海苔」と評価し、地道に仕入れを行い、プロの方々にお勧めしてきました。
その地道な活動が実り、現在ではミシュラン星付き寿司店を始め、フランスやスイスの高級レストランなど多くのプロに愛用されています。

ミシュラン星つき寿司店ご愛用

横浜 「鮨 はま田」  店主 浜田 剛 氏
香りと味にパンチがあり、海苔が具材に負けないので、マグロやウニ、イクラなどこってりとしたものに良く合います。中でも「こんとび」を使った鉄火巻きに、煮切り醤油をつけて食べるのがおすすめ。
しっかりとした海苔の風味がマグロの強いうまみを更に引き立たせますよ。
銀座 「さわ田」  店主 澤田 幸治 氏
「極上こんとび」は口の中でとろける繊細な風味はもちろん、巻いたときにしゃりとネタとのバランスが良く、青のりの飛んだ野趣あふれるほろ苦い香りが、素材の持ち味を生かしてくれるので気に入ってます。お客様の中には「海苔だけほしい」という方もいらっしゃり、何も付けずに召しあがっていますよ。
ミシュランガイド東京・横浜・湘南2012 三ツ星寿司店御用達
0335410542

ピックアップ

ホーム > 飲食店・プロの方 > 丸山海苔店とは > 海苔

ページトップに戻る